ブラックでも融資してくれるところ

ブラック、という金融情報があります。色々と問題がある人につけられるわけですが、実はそれでも融資してくれるところはあります。それは何故かといいますと禁止されているわけではないからです。つまりは、貸してくれるところがあれば、まったく問題ない、ということになります。そもそも人によってお金を貸してはいけない、ということは殆どないです。総量規制、というのがありますが、これは一応はそうした規制になりますが、例外はいくらでもあります。それに担保を差し出すことによって、お金を借りる、ということもできます。これはブラックな金融情報の人であろうと問題なく借りることができる方法の一つですから、覚えておくと良いです。つまりは、担保の分は返済が確保されているので、信用情報に下駄を履かせることができますから、やれるわけです。

ブラックリストに載っても融資を受けられる

クレジットカードなどで返済の遅滞が何度もあったり、また債務整理を行った場合などでは、個人的な信用情報を管理する会社に登録され、事故履歴が残ることになります。しかし、この事故履歴はその後何年か適正な支払いを続けていくことで抹消されることになっています。事故履歴が残ることを、通常、ブラックリストに載る、という表現を使っていますが、これは特定のリストが存在しているわけではありません。銀行やクレジットカード発行会社などが、新規顧客の信用情報を確認するために、管理会社に問い合わせをします。では、事故履歴が存在する場合には、履歴が消滅しない限り、銀行からお金の融資を受けたり、クレジットカードを新たに発行することができないのでしょうか。いいえ、そんなことはありません。カードローンなどのように上限が低く設定されているようなものでは比較的受け入れられやすくなっています。

ブラックでも融資を受けられるのか

融資を受ける際には審査があり、信用情報が確認されることとなります。そして信用情報に問題がある場合は、いわゆるブラックと呼ばれる状態で、融資を受けることは難しくなります。とはいえ、こうした情報はいつまでも掲載されているわけではなく、債務整理を行った場合もすでに何年も経過している場合は、そうした情報がすでに消えていることもありますので、インターネットから利用できる仮審査を受けてみると、融資が可能かどうかをすぐに知ることもできます。そして、キャッシング業者によって審査の基準は違いがありますので、大手の業者の審査に落ちてしまった場合にも、中小の業者、中堅の業者の場合には審査に問題なくクリアできることもあります。そして、短期間に多くの業者に申し込むと、申込ブラックとなってしまいますので、短期間に多くの業者に申し込むことは避けましょう。